まえがき


みなさん、こんにちは。
お元気ですか?

朝ご飯、ちゃんと召しあがっていますか。
朝ご飯は一日を楽しく元気に過ごすためのスターター、スイッチをいれることです。

人間は眠っている間もエネルギーを消費しています。
呼吸をしたり、体温を保ったりするために心臓や肺をはじめ体の中のさまざまな器官を働かせています。

胃袋も肝臓、腎臓なども、もくもくと仕事をしているのです。
眠っているからと怠けていると思いがちな脳も、ちゃんと仕事をしています。

歩いたり走ったりする昼間とは違い、消費する量は少なくなりますが、エネルギーは消費されているので、エネルギー不足になります。

そこで、朝ご飯を食べるとまず胃が働きはじめ、さがっていた体温も上がり体や脳も活発に動きはじめます。
スイッチが入ったんですね。快適な一日の始まりです。

現代の若い人たちの四人に一人は朝ご飯抜きといわれます。
なんでも結構、牛乳とパン一切れでもいいし、玉子かけご飯でもよいの・・・・・・

続きを見る




「岸朝子の「おいしゅうございます」」へ

サイトトップへ